ハワイ旅行いるもの

注意点(持ち込み禁止・制限等)について

 

ハワイ旅行にあたって、持ち込み制限・禁止される食品や製品がありますよ(~_~;)それらについてもお教えしますので注意してくださいね。

 

1.税関申告

税関申告は通常機内で「税関申告書」がCAさんより配布されます。

 

これに質問事項に従って記載します。(自己申告)ハワイ到着後税関の検査を受けるときに提出しますので必ず必要です。(家族の場合は代表者で大丈夫)

 

ハワイに食品を持ち込む場合は、必ず申告書にチェックしましょう。もし、持ち込んだ食品が禁止されているものであれば多額の罰金(5万ドル)が課せられたうえの没収になります。(チェックがあれば没収だけで済みます。)

 

【関税申告書に記載されている持ち込み禁止食品・製品等】

@肉類(生・乾燥・缶詰を含む)、肉製品、果物、植物、種子、土等

特に注意したいのは、肉やハム、ソーセージの畜産物、牛肉エキスや乾燥肉を使用したインスタントラーメンやスナック菓子の持ち込みは禁止です!気を付けなければいけないのは、レトルトカレーやカレールー、ふりかけ(のりたま等の粉末卵製品)、チキンブイヨン、インスタント調味料等にも肉、肉エキス、卵が入っているものは禁止です。
あとは、動物の体からでる、乳製品や卵製品も禁止です。但し乳幼児の粉ミルクは未開封のものであれば例外的にOKです。離乳食はやはり肉エキスや乳製品、卵が入っているものは禁止なので魚か野菜のもので対応してください。(持参しなくてもハワイで手に入りますよ)

A果物・野菜

検疫証明書があるもの以外は禁止です。但しレトルトのご飯や漬物、缶詰等の未開封のものは持ち込みできます。

Bお酒・たばこ

お酒は約1リットルまで,たばこは200本までと制限されています。

Cその他

動物、野生動物製品、昆虫、種子、植物、病原体、細胞培養、カタツムリ、土等も禁止されており申告義務があります。

 

*よくハワイの空港には、麻薬探知犬の他に食品探知犬がいると言われています。私は今まで一度も見たことはないのですがやはり日本から食品を持ち込む場合は申告することをお勧めします。

 

2.スーツケースには鍵を掛けない。

 

アメリカ国内の全ての空港では、すべてのお客の手荷物を検査します。機内持ち込みはの場合は本人立会ですが、出発前に預けたスーツケース等は係員が直接開けてチェックします。もし鍵か掛かっていると破壊されて開けられてしまいますので注意してください。
但し、米国運輸保安局公認の鍵であれば係員が持つことが許されているマスターキーで開けられますので施錠してても大丈夫です。最近のスーツケースはこれに対応しているものが殆どなので使用するスーツケースをよく確認してください。